ロボット工房 のらとりえ blog

noratelier

・まとめると、小学校低学年くらいに初めてプログラミングで遊ばせるならLEGO BOOST、高学年以上かステップアップで遊ぶならmicro:bit、という感想でした。・気になる費用面で言うと、micro:bitの方がサードパーティの車輪ベースキットとか色々買ってもLEGOの数分の一程度なので家計には優しいです😁
07-24 20:31

・ちなみに、実はどちらもScratch3.0という共通のプログラミング環境を使うこともできる。(とは言っても、Scratchはmicro:bit純正環境とほぼ同じだから、LEGO BOOSTの方がmicro:bitと同じ環境でプログラムできるようになるというイメージ)↓
07-24 20:31

・micro:bitは、「変数・入力・加速度」といった言葉がチュートリアルからガンガン使われるから、これはこういう意味だよ、と教える頻度がとにかく多い。中学生くらいなら恐らく問題無く理解できる範囲。操作は、マウス&キーボード操作前提。ただ、その分プログラミングの自由度はかなり高い。↓
07-24 20:31

・純正プログラミング環境は一見同じような感じだけど(どちらもビジュアルプログラミング言語)、小さい子や入門者には圧倒的にLEGO BOOSTの方が分かりやすいと思う。なるべく説明は言語を使わず、アニメーションを多用しているのが大きい。操作もタブレット前提だから、全てタッチ操作で完結する。↓
07-24 20:31

小1の息子に、LEGO BOOSTとmicro:bitのプログラミングをそれぞれ遊ばせた感想。<LEGO BOOST>https://t.co/wOykBmmpH5<micro:bit>https://t.co/fj1JQEAQpk
07-24 20:31

このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

坂上 徳翁
  • Author: 坂上 徳翁
  • ロボット工房のらとりえ


Search

Calendar

07 « 2020/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -